スイーツ パフェ「パティシエール マヨ」六本木

観劇の予定がぶっ飛んでしまいましたので、2021年2月に六本木、国立新美術館近く、竜土町美術館通り沿いにオープンした「パティシエール マヨ」にお伺いしました。予約が取れないイノベーティブなレストラン「長谷川稔」でパティシエとして活躍されていた宮田真代さんのお店です。色々いただきました。

できたてしょーとけーきSP
できたてしょーとけーきSP
通常より上質なイチゴ、鳥取県産の「とっておき」を使用。プリン以外は目の前で作っていただけます。「おかしやうっちー」の「ショートケーキ みるく」に似た映えないビジュアル。非常にエアリーに軽やかに仕上げられています。酸味少なく、シャキシャキした食感が軽快なイチゴが旨い。

ティラミスパフェ
ティラミスパフェ
ビールのグラニテ、ほうじ茶アイス、コーヒーゼリー、グリオットチェリーのキルシュ漬け、マスカルポーネクリーム、トンカ豆のガナッシュ、コニャックのゼリーなど。お味はびっくりするくらい普通!それぞれの素材感も弱めで、ティラミスを再構築されたそうですが、組み合わせも疑問。食後にいただくのには良いのかもしれませんが。。。ちなみにドリンクはコーヒーをいただいたのですが、これもいたって普通。

なめらかプリン
なめらかプリン
せっかく来たのでシェフが一番得意というプリンも追加。熊本県「阿部牧場」の「ASO MILK」と埼玉県深谷の「田中農場」の卵を使用し、生クリームは極控えめ。「なめらかさ」を強調するほど滑らかではない気がしましたが、自信があるというだけあり、卵味強めで本日いただいた3つの中では一番美味しい。ただ、そこまでの特別感は感じません。

いや本当に、食後に食べたら印象は違うのかもしれませんが、OMAKASEでの予約とか、お店の雰囲気とか期待が高まっていた分、より一層物足りないデザート類でした。宮田シェフのキャラクターは素晴らしいので、人気の理由はそちらか?ごちそうさまでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました