2022-12

洋食「レストラン香味屋」入谷

浅草演芸ホールで寄席を見る前に、タイミングは悪くなかなかお伺いできなかった大正14年(1925年)創業、入谷の老舗洋食店「レストラン香味屋」でランチ。 「メンチカツ(小)」 ザクっとした小気味好い衣に、肉汁溢れるジューシーなメン...
落語・講談

寄席「年忘れ二ツ目の会 昼の部 主任:春風亭一朝」浅草演芸ホール

2日連続の「浅草演芸ホール」、本日は「年忘れ二ツ目の会 昼の部」を拝見しました。 「鼓ヶ滝」春風亭だいえい 「たらちめ」入船亭扇太 「平林」古今亭雛菊 落語会の広瀬アリスとは。下げは「いいえ、聞く人を間違えました」 「金明竹」...

日本料理「銀座 きた川」銀座二丁目

2022年9月にオープンした日本料理店「銀座 きた川」で、今年最後の外食ディナー。「銀座しのはら」の姉妹店という位置付けのようです。 汲み出し「金時人参のすり流し」 魚の出汁と合わせた西洋料理のようなスープからスタート。 ...

とんかつ「めし処 夏の家」浅草

11時過ぎ、浅草演芸ホールで落語を見る前に「とんかつ とお山」へ行くと既に行列、そんな訳で浅草演芸ホールのすぐ近くにある定食屋へ。 「ひれかつ定食」 JRAに近く、朝から飲めるとあって、競馬の話をしながら緑茶ハイとか日本酒飲んで...
落語・講談

寄席「12月下席 昼の部 主任:古今亭今輔」浅草演芸ホール

浅草演芸ホールで「12月下席 昼の部」、今年の定席、千秋楽を拝見しました。 「看板のピン」春風亭昇也 「音曲」桂小すみ 「長崎さわぎ」から小林一茶の小唄、「うす闇き 櫓太鼓や 隅田川」とおっしゃっていましたが、本来は「うす闇き 角...
能・狂言

12月狂言の会『御茶の水』『禰宜山伏』『煎物』国立能楽堂

国立能楽堂で「12月狂言の会」を拝見しました。 配役 狂言『御茶の水(おちゃのみず)茂山宗彦(大蔵流)』 登場人物の「新発意(しんぼち)」は出家してまもない人、「いちゃ」は女性登場人物の総称だとか。非常にわかりやすい話...

羊 中華料理「羊香味坊 (ヤンシャンアジボウ)」上野御徒町

鈴本演芸場で寄席を見る前に羊専門の中華料理店「羊香味坊 (ヤンシャンアジボウ)」でランチ。ランチメニューもありますが、アラカルトで注文しました。 「羊香炒飯(ラム肉とパクチーの炒飯)」 パラっとし過ぎていない好みの仕上がり、羊肉...
落語・講談

『第九十二回・深川亭砥寄席「三浦と倉本に川上 その3~ロケット団・一之輔の会~」』深川江戸資料館

鈴本演芸場で寄席を見た後、深川江戸資料館で『第九十二回・深川亭砥寄席「三浦と倉本に川上 その3~ロケット団・一之輔の会~」』を拝見しました。 「オープニングコント」三浦と倉本に川上 まずはコントから、先生(倉本さん)と中三生徒(三浦...

「レアチーズとベリーのクリスマスパフェ」資生堂パーラー銀座本店 サロン・ド・カフェ

久しぶりに「資生堂パーラー銀座本店 サロン・ド・カフェ」で新作パフェをいただきました。 「レアチーズとベリーのクリスマスパフェ」 上には各種のフレッシュベリー、シャンパンゼリー、チーズクリームの下はバニラアイス、ピスタチオアイス...

イノベーティブ・フュージョン「トレイス」広尾

5ヶ月ぶりに広尾のレストラン「トレイス」でディナー。秋冬にお伺いするのは初めてかも。 「カリフラワーのスープ」 「フォアグラの塩マリネ」 白トリュフを掛けた特別バージョン。今冬の白トリュフは最初で最後かも。 「キ...
タイトルとURLをコピーしました