文楽

文楽

令和4年5月文楽公演 第二部『競伊勢物語』国立劇場

国立劇場 小劇場で令和4年5月文楽公演、第二部『競伊勢物語』を拝見しました。奈河亀輔作、1775年4月、初世中村歌右衛門らにより歌舞伎として初演され、その後浄瑠璃に移されたもの。 配役 まずは「玉水淵の段」から、この段は人形...
文楽

文楽「令和4年5月文楽公演 第一部『義経千本桜』」国立劇場

国立劇場 小劇場で令和4年5月文楽公演、第一部『義経千本桜』を拝見しました。人間国宝の豊竹咲太夫さんの休演は残念ですが、織太夫さんの語りも大好きなので問題なし。 配役 全五段の『義経千本桜』から狐忠信の部分を抜粋、まずは...
文楽

令和4年2月文楽公演 第二部『加賀見山旧錦絵』国立劇場

国立劇場 小劇場で令和4年2月文楽公演 第二部『加賀見山旧錦絵 (かがみやまこきょうのにしきえ)』を拝見しました。昨年歌舞伎座で後日譚『加賀見山再岩藤(かがみやまごにちのいわふじ)』を拝見しているので、理解が深まります。 配役 ...
文楽

令和4年2月文楽公演 第一部『二人禿』『御所桜堀川夜討』『艶容女舞衣』国立劇場

国立劇場 小劇場で「令和4年2月文楽公演 第一部」を拝見しました。チケットを取っていた第三部が中止になってしまったので、今年初文楽です。 配役 一幕目は短い舞踏劇『二人禿』から。羽子板を使った羽根付き舞や鞠付きの仕草が可...
文楽

令和3年12月文楽公演『仮名手本忠臣蔵』国立劇場

今年最後の文楽鑑賞、国立劇場で『仮名手本忠臣蔵』千秋楽を拝見しました。最近は歌舞伎でも七段目「祇園一力茶屋の場」しか上演されませんので、今回の上演部分、二段目から四段目は拝見するのも始めてで非常に楽しみです。 配役 まず...
文楽

令和3年9月文楽公演 第三部『伊賀越道中双六』国立劇場

国立劇場で令和3年9月文楽公演、第三部『伊賀越道中双六』を拝見しました。 配役 「沼津の段」前半は豊竹藤太夫さんの語り、この方のお声好きだな。前半で平作の茶目っ気が出れば出るほど後半に効いています。十兵衛の脇差で腹を差す...
文楽

素浄瑠璃「全曲復曲完成記念『出世景清』第一部、第二部」紀尾井小ホール

紀尾井小ホールで全曲復曲完成記念『出世景清』を拝聴しました。2018年にルネッサ長門で人形付きで上演された公演の再演。その時カットされた部分が補填されています。チケット申し込み時、ちょっとしたトラブルもありましたが、貴重な機会に参加でき...
文楽

令和3年9月文楽公演 第一部『寿式三番叟』『双蝶々曲輪日記』国立劇場

国立劇場 小劇場で令和3年9月文楽公演 第一部『寿式三番叟』『双蝶々曲輪日記』を拝見しました。 配役 一幕目は『寿式三番叟』から。竹本錣太夫は朱の見台、やはり文楽でも特別な演目なのでしょう。そして一声目から気合い入ってます!...
文楽

令和3年9月文楽公演 第二部『卅三間堂棟由来』『日高川入相花王』国立劇場

5月以来久しぶりの文楽!「令和3年9月文楽公演 第二部」を拝見しました。 配役 一幕目は『卅三間堂棟由来(さんじゅうさんげんどうむなぎのゆらい)平太郎住家より木遣音頭の段』から。平太郎に切られるのを助けてもらった柳が人間...
文楽

令和3年5月文楽公演 第一部『心中宵庚申』国立劇場

公演再開した令和3年5月文楽公演 第一部『心中宵庚申(しんじゅうよいごうしん)』を拝見しました。近松門左衛門最後の心中物、初めて拝見する演目でしたが、文楽って、やっぱりいいですね。 配役 まずは「上田村の段」から、八百屋伊右...
タイトルとURLをコピーしました