映画

映画

『裸の島(1960年 監督:新藤兼人)』

新藤兼人監督の『裸の島』を初めて拝見しましたが、とても衝撃的な面白い作品!!『原爆の子』『第五福竜丸』『鬼婆』『竹山ひとり旅』『北斎漫画』『午後の遺言状』『一枚のハガキ』などを拝見していますが、社会派という感じが強く、そこまで印象に残るもの...
映画

松竹映画100周年 “監督至上主義”の映画史『本日休診(1952年 監督:渋谷実)』神保町シアター

渋谷実監督の映画を拝見するのは『バナナ』に続いて2作目、チラシの画像(上)からして、とにかく楽しいコメディかと想像したのですが、なかなか重みのある作品でした。ちなみに上のシーンは映画内にはありません! 配役 三雲八春:柳永二郎 ...
映画

松竹映画100周年 “監督至上主義”の映画史『長屋紳士録(1947年 監督:小津安二郎)』神保町シアター

神保町シアターで開催中の「松竹映画100周年 “監督至上主義”の映画史」で小津安二郎監督の『長屋紳士録』を鑑賞しました。71分の短い映画ですが、素晴らしかった! 配役 おたね(かあやん):飯田蝶子 幸平:青木放屁 為吉:河村...
映画

松竹映画100周年 “監督至上主義”の映画史『秋津温泉(1962年 監督:吉田喜重)』神保町シアター

神保町シアターで開催中の企画「松竹映画100周年 “監督至上主義”の映画史」にて『秋津温泉』を鑑賞しました。岡田茉莉子・映画出演100本記念作品!吉田喜重(きじゅう)監督の作品は初めて拝見しますが、この映画の成功を機に、岡田茉莉子さんと...
映画

松竹映画100周年 “監督至上主義”の映画史『花籠の歌(1937年 監督:五所平之助)』神保町シアター

神保町シアターで開催中の企画「松竹映画100周年 “監督至上主義”の映画史」にて五所平之助(平之介ごしょ)監督の『花籠の歌』を鑑賞しました。 配役 父敬造:河村黎吉 娘洋子:田中絹代 小野進:佐野周二 李:徳大寺伸 堀田...
映画

松竹映画100周年 “監督至上主義”の映画史『集金旅行(1957年 監督:中村登)』神保町シアター

神保町シアターで開催中の「松竹映画100周年 “監督至上主義”の映画史」で『集金旅行』を拝見しました。監督の中村登さんは松竹を支える巨匠だそうですが、作品は初めて見るかも。 配役 旗良平:佐田啓二 小松千代:岡田茉莉子 津村...
映画

生誕百年記念 映画女優・原節子『女であること(1958年 監督:川島雄三)』神保町シアター

神保町シアターの企画「生誕百年記念 映画女優・原節子」で『女であること』を拝見しました。川島雄三監督の作品は『銀座二十四帖』『風船』など見ているのですが、どうも印象薄です。今回は如何に。 配役 佐山貞次:森雅之 佐山市子:原節子 ...
映画

生誕百年記念 映画女優・原節子『東京の恋人(1952年 監督:千葉泰樹)』神保町シアター

今回の企画「生誕百年記念 映画女優・原節子」の中で一番楽しみにしていた映画『東京の恋人』を拝見、監督の千葉泰樹さんは初めて知った方。楽しみにしていたのですがっ!映画の完成度としては今ひとつ、豪華な俳優陣にもかかわらず知名度が無いのも納得...
映画

生誕百年記念 映画女優・原節子『山の音(1954年 監督:成瀬巳喜男)』神保町シアター

神保町シアターで開催中の「生誕百年記念 映画女優・原節子――輝きは世紀を越えて」で、映画『山の音』を拝見しました。最初楽しい場面もあるものの、どんどん状況が暗くなり、いつか好転する、いつか好転する、このまま終わる訳ない、と期待しながら見...
映画

生誕百年記念 映画女優・原節子『ふんどし医者(1960年 監督:稲垣浩)』神保町シアター

4月に中止となった特集企画の振替開催、ありがとう神保町シアター、で開催中の「生誕百年記念 映画女優・原節子――輝きは世紀を越えて」で映画『ふんどし医者』を拝見しました。稲垣浩監督の作品は『無法松の一生(三船敏郎版)』『待ち伏せ』しか拝見...
タイトルとURLをコピーしました