ブラッスリー ギョラン「ピジョン・ラミエ, ヨシガモ 」ジビエ フレンチ

八丁堀のフレンチ「ブラッスリー ギョラン」でジビエをいただきました。本日はプリフィクス・コースにて。

蝦夷鹿レバーの炭火焼き
蝦夷鹿レバーの炭火焼き
いやいやアミューズって料理じゃないでしょ。基本レバーは苦手ですが、臭みなど無く牛レバーよりも食べ心地が良いかも。そういえば鹿レバーって初めて食べたかも。

フランス産壺詰めエスカルゴのブルゴーニュ風
フランス産壺詰めエスカルゴのブルゴーニュ風
エスカルゴも久しぶりにいただきます。ツブ貝にも似た弾力性とガーリック、パセリのエスカルゴバターの定番のお味。ビールが進みます!

スコットランド産ピジョン・ラミエ(山バト)のロースト
スコットランド産ピジョン・ラミエ(山バト)のロースト
3週間熟成だそうで、けっこう強い熟成香を感じますが、それに負けない力強い味わい。頭(脳みそ)や爪部分もバリバリボリボリ原始的な音を立てながらいただきます。

シェフ狩猟!北海道産ヨシガモ(ヨシ鴨)のロースト
北海道ヨシガモ(ヨシ鴨)のロースト
メイン2皿目は一番のお目当て「ヨシガモ」、同じく3週間ほど熟成、雄。雄は頭がグリーンとパープル、体が白黒斑のとても綺麗な色をしていて、皇居のお堀とかを見ていても目立ちます。が、こうなっては茶色一色。付け合わせはジロール茸、ネギ、万願寺唐辛子など。

食べ比べて見ると鳩よりも少し優しい味わいでしょうか。ソースも同じサルミなので、味の系統はかなり似てしまっていますが。。。やはり熟成すると香りが似てくるのか。
北海道ヨシガモ(ヨシ鴨)のロースト
鳩よりも大きいだけにモモの部分とかも旨い。万願寺唐辛子がけっこう辛く当りを引いてしまったようですが、自然の恵みに感謝しながら美味しくいただきました。こういったタイプの料理はガツガツ食べるのが良いですね〜。

桜桃たっぷりのババ
桜桃たっぷりのババ
「キャプテンモルガン」をたっぷり掛けて。口溶けよく一瞬で完食。

コーヒーバター風味のマカロン、コーヒー
コーヒーバター風味のマカロン、コーヒー
来店から退店まで今日も1時間ほど、皿出しの早さも好みです。11月15日の茨城狩猟解禁日には再び狩猟に出られるそう。また別のジビエもいただきにお伺いいたします。ごちそうさまでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました