パンフレンチ「パントス by 3104」自由が丘

自由が丘にあるフレンチ「3104(サントス)」でディナー、昼は「パントス」というパン屋、夜は「3104(サントス)」というフレンチとして営業されているユニークなお店。

ブリオッシュ、根セロリのピュレ、ミモレットチーズ
ブリオッシュ、根セロリのピュレ、ミモレットチーズ
フワフワとカリサクの2種。パンペアリングということでパンとドリンクのペアリングコースかと思っていたのですが、全くの勘違い。料理とパンのペアリングコースでした。

クロワッサン、セミドライ葡萄、自家製の鴨の生ハム
クロワッサン、セミドライ葡萄、自家製の鴨の生ハム

ソシソン・ブリオッシュ
ソシソン・ブリオッシュ
ブリオッシュにソーセージを入れて焼き上げたリヨンの郷土料理。

焼きカレーパン
焼きカレーパン
中はカレーでなく鴨のクリーム煮。

人参ムース、バニラの泡 × 味噌クリームパン
人参ムース、バニラの泡 × 味噌クリームパン

鰆、下仁田葱、ベーコンソース × カシューナッツと海藻のパン
鰆、下仁田葱、ベーコンソース
カシューナッツと海藻のパン
鰆は藁で燻していますが、ランチで「さわ田」の藁焼きした鰹をいただいたせいか、全く物足りない。

原木椎茸パン
原木椎茸パン
15年熟成のバルサミコ酢の酸味。

ヒラスズキの鱗焼き、菊芋、レモンピューレ、浅利出汁とビールのソース × 浅利とジャガイモのパン
ヒラスズキの鱗焼き、菊芋、レモンピューレ、浅利出汁とビールのソース
浅利とジャガイモのパン

スペアリブのアメリカンドッグ
スペアリブのアメリカンドッグ
こちらがメインです。

ブリオッシュのフレンチトースト、リンゴのシャーベット、コンポート
ブリオッシュのフレンチトースト、リンゴのシャーベット、コンポート
パリの1つ星レストランで料理長も務めたという中村聡司シェフが1人で切り盛りされているため、一組限定での営業。そもそもパンがそこまで好きではないというのがありますが、あまり満足感を得られないコース内容でした。惣菜っぽいパンはともかく、料理とパンの組み合わせは全く印象に残らず。。。時間を計算してパンを焼くのは大変だと思うのですが、価格もちょっと高く感じるかな。シェフのお話とか色々面白かったのだけれど。。。ごちそうさまでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました